旅の空でいつか

ご訪問いただき、ありがとうございます
はじめましての方は、メニューの「はじめに。」や「作品一覧。」をご覧ください。
記事内容の無断転載は厳禁ですが、リンク&URLの転載はフリーです。ご一報いただけると嬉しいです☆
ブロとも申請は歓迎です☆
みなさま、どうぞ楽しんでいって下さいね*^^*

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の少女(Respectコーラさん)

  1. 2010/11/28(日) 20:24:46|
  2. ふらっと。(ごく短い読み切りたち)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
※作品一覧はコチラです

お久しぶりです。本当に。

前回の更新から、おおよそ1ヶ月です。
すっかりごぶさたしてしまっておりましたが、みなさま、お元気ですか・v・♪

さて、今回。
ツイッターにてラブコールを送り、コーラさんの作品に描かれていた星好きの女の子で、
小さなお話を、書かせて頂きました。


コーラさん

コーラさんの作品ページはコチラ

ステキすぎる作品ばかりです……!

ちょっと、大きいサイズの絵のあげ方がわからず(爆)
小さいサイズでしかアップできませんでした> <。
みなさま&コーラさん、申し訳ないです。

コーラさんの作品ページから(pixivにログインして)見ると、
画面いっぱいサイズで見られます。
画面におさまりきらないくらいのサイズで閲覧すること、全っっっ力で推奨です!!


もともとは、コーラさんが別の方に向けてプレゼントされた作品なのですが。
横入りしちゃいました。。。

コーラさん、ありがとうございます!

コーラさんの作品がすごすぎて、ちょっと恐縮すぎるのですが、
《続きを読む》から、おすすみ下さい……!!


***************


むかし、大好きだったばあちゃんが言っていた。
大切な人は、死んじゃってもお星さまになって、
わたしたちをずっと見ていてくれるんだよ、って。
だから、寂しくないんだよ、って。

会ったことのないおじいちゃんも、お母さんも、
夜になればいつでも、眺めることができる。
昼間もいつも、見ていてくれる。

教えてくれたばあちゃんが、大好きだった。


むかし、大好きだった父さんが言っていた。
手をのばせば届きそうな程にひろがるあの星たちは、
私たちのところに光を届けるために、
何年も、ううん、何万年もの時間を旅して来てくれているんだよ、って。
だから、星たちの声を聞くために、ぼくもたくさんの時間が必要なんだ、って。

父さんからの手紙には、いつもいつも、
私の知らない、遠い星の世界のことが書いてあって。
ばあちゃんに手紙を読んでもらうたびに、その後で空を見上げるたびに、
楽しくて仕方がなかった。

教えてくれた父さんが、大好きだった。


父さんはいつも忙しくて、あまりおうちにはいなかったけど、
ばあちゃんがいつもいてくれたから、よかった。

時々お手伝いをしに、父さんの仕事場に行けるのも、楽しかった。
手紙と、遠くに眺めるだけの星の世界を、
すごく近くに、感じられたから。

いつも隣にいられたわけではなかったけれど、
父さんと同じものを、父さんと同じくらいに、大好きでいられたから。


夜になれば、いつでも会えた。
いつも私たちを、見てくれている。
たくさんの年月をかけて、私たちの所に光を届けてくれる。

星空が、大好きだ。

だから、私もいつか、父さんみたいな「天文学者」さんになるんだ、って、決めていた。
ずっとずっと小さい頃から、決めていた。



けれど、遠い国に調査に行っていた父さんが亡くなって、
大好きだった、遊び場だった、
星の世界の知識の欠片を詰め込んだ宝箱みたいだった父さんの仕事場は、
私の手の届かないものになってしまった。

私に残ったのは、
父さんが届けてくれたたくさんの手紙と、少しの本と、
父さんが星を眺めに行く時にいつも持っていた、
小さなランプと数枚の地図だけになってしまった。


やがて、風邪をこじらせただけのはずのばあちゃんも亡くなった。
まだあったかさの残るばあちゃんの手を残して、
町のみんなを呼びに、外に出て。
見上げたら、綺麗に晴れた夜空だった。
満天の星空から、ひとつ、星が流れた。

ばあちゃんは。
人は死んだら、星になるって言った。
でも、
ばあちゃんが死んで、星もひとつ、消えた。
だったらこの満天の星空は、
死んだ人じゃなくて、生きてる人を映した鏡なんじゃないかって思った。


わからなく、なってしまった。


何万年も向こうから届けられた声を、私は本当に、聴くことができるんだろうか。
この星空が、私たちを、私を見守ってくれているのでないのなら、
だったら、私はもう本当に、ひとりぼっちなんじゃないか。

いつも、あんなに近くにあると思っていた星空は、
急に遠い、遥か彼方のものになってしまった。



父さんがいなくなって、
ばあちゃんがいなくなって、
ひとりになって、
星空はもう、遥か彼方の、遠いものになってしまって。

ひとりに、なって。


それでもやっぱり、
それでもやっぱり私は、諦めることが、できなかった。



ばあちゃんを見送って、
それから私は、家を出ることにした。



*******



父さんからの手紙は、何枚かだけを残して、燃やしてしまった。
残してくれた本は、図書館や学校に寄付したり、町の人にあげてしまった。
ばあちゃんと一緒に住んでいた小さな家は、悩んだけれど、売ってしまった。

旅に出る。
帰ってくるかもしれない。帰ってこないかもしれない。
わからないから、まぁいいや、って、思ったんだ。

手紙は燃えても、本がなくても、家がなくても、
私はだって、絶対に、忘れないから。


ばあちゃんが教えてくれた日保ちする食料と、
父さんが使っていた地図を鞄につめて。

ばあちゃんからもらったストールを羽織って、
父さんが使っていたランプを持って。

それだけで、十分だ。
そう思った。



旅立ちは、夜。

星の声を集めに行く。
星のうまれるところを見つけに行く。
だから、満天の夜空の下、出発した。

町の東にある丘を越えて、私は行く。


町には何も残さない。
大事なものは、全部持ってる。
だから、大丈夫。


……でも、一目だけ。


丘の上で私は振り返る。
風が強い。

振り返って、
気づいて、思わず腰を下ろした。



満天の星空が広がっていた。
私の頭の上に。
私の、足元に。
たくさん、たくさんの光の粒がうつった。

風が吹いた。

風の音しかきこえない。
星の声も、町の人たちの声も、きこえない。


本当にわたしはもう、ひとりなんだな、って思った。
星の世界にもいない。
足元の町の灯の中にも、私の場所はない。
どっちの世界にもつながってない。
そんな気がした。

でも、
だから、大丈夫だ、って思った。

私はいま、どこにも繋がってないから、
だから、どこにだって行けるんだ。

頭の上に広がる、星の秘密を見つけに行くんだ。
足元に散りばめられた、たくさんの灯に出会いに行くんだ。
つながってないから、出会えるんだ。

あの、星空の一番高いところで光る星には、どこに行ったら会えるだろう。
あの、かすむように滲む地平線の向こうには、何があるんだろう。

大丈夫なんだ。
これから、会いに行くんだ。私から。

だから私は、嬉しい。


また、風が吹いた。
相変わらず、草葉を揺する音しかきこえない。

音のないままに、星がひとつ、流れた。

誰かがなくなったのかもしれない。
誰かがうまれたのかもしれない。
その声は、届かなかったかもしれない。
誰かに声を届けて、役目を終えたから消えたのかもしれない。

わからない。
だからこれから、会いに行く。

待っててね。
会いに行くよ。
絶対に会いに行くから、もう少し、待っててね。


古い地図と、少しの食料を詰めただけの鞄にふれて、たしかめて。
小さなランプの灯もひとつ、消えないようにもう一度、たしかめて。


それから私は、もう少しだけ、この景色を眺めることにした。
大好きで、愛おしくてたまらない、この景色を。

立ち上がる前に、あと少しだけ。
あと、もう少しだけ__。



(おしまい)
***************



コーラさん

↑の絵を描かれたコーラさんの作品ページはコチラ

※作品一覧はコチラです

スポンサーサイト

<<水聖さんから強奪した甘い台詞バトン(照) | BLOG TOP | 【秋企画】 お月見の秋>>

comment

  1. 2010/11/29(月) 01:54:29 |
  2. URL |
  3. ゆさ
  4. [ 編集 ]
こんばんは~春さん!
新作、首を長~くしてお待ちしていましたぁ☆

1度読んだだけでは胸がいっぱいで何も言葉にできなかったので、
2度目を読んできたところです。
綺麗で、静かで、ふわりと灯りがともったようなお話だったなぁと思いますvvv
「どこにも繋がってないから、どこにでも行ける」。元気が出てくる言葉ですね。
今いる場所からスタートするときって、そういう気持ちだよなぁと思いました(^ ^)。
でも、スタートする前にちょっとだけ、今いる景色を…という気持ちもすごくわかります。
その景色は、その時しか見られないんですものね。
スタートしたいという気持ちと、見ていたいという気持ちが、自然に書かれていて素敵です☆

コーラさんの作品も美しいです!!
pixivで早速大きくして見てきましたvvv
何というか、奥行きが感じられて、すごい存在感だなぁと思いました。。
うおぉ、言葉が見つからない。

今回も素敵な作品、ありがとうございました☆

Re: ゆささん

  1. 2010/11/29(月) 17:37:52 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
ゆささん、こんにちは!お久しぶりです*^^*♪
二度読み、ありがとうございますm_ _m

コーラさんのあの作品にホレすぎて書いてしまった作品なので、
逆にここのブログに載せちゃうのどうなんだろう、とドキドキ満載でしたので……
温かいコメント頂けて、嬉しいですっ> <。

コメントありがとうございました!!

  1. 2010/11/29(月) 21:04:59 |
  2. URL |
  3. へなすけ
  4. [ 編集 ]
こんばんは。
今夜もどこからともなく、へなすけです。
ちゃっかり通ってます。てへ。

視界いっぱいの雑然とした大地と空の風景の中に、焦点はまっすぐと道筋となって伸びている。
文章の中にも、その道筋がはっきりと見てとれました。
勝手なモウソウですけどね!
うーん、ワンダホーです。ひゃー。


オリオン座の一等星、ベテルギウスが消えちゃうかも、って話を思い出しました。
今夜、僕の街からは星がよく見えるので、ぼんやり眺めてみてやります。
ベテルギウスが照れるぐらい。

Re: へなすけさま

  1. 2010/11/29(月) 23:41:08 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
さすらいのへなすけさん、こんばんは!
いらして頂けて嬉しいです。でへへ*^^*

> …焦点はまっすぐと道筋となって伸びている。
> 文章の中にも、その道筋がはっきりと見てとれました。
ありがとございますー!
コーラさんの作品を見た時に、その「遠くまで、まっすぐ」な感じが
素晴らしくすげぇ!!って思っていたので、
へなすけさんのコメント、嬉しいです。

ベテルギウスを照れさせてやってください!
……でも、寒いので、風邪には十分に注意ですっ> <!!

コメントありがとうございました☆

  1. 2010/12/01(水) 14:59:58 |
  2. URL |
  3. 綾瀬
  4. [ 編集 ]
はじめまして。

言葉とイラストの雰囲気とがマッチしてて、とても美しいですね。ほーっとなってしまいました。

  1. 2010/12/01(水) 18:23:39 |
  2. URL |
  3. 沖川 英子
  4. [ 編集 ]
はじめまして、こんばんは。
沖川と申します。
以前よりこそこそっとお邪魔いたしておりましたが、
あまりの素晴らしさにコメントを!

美しくて、優しくて、勇気付けられるお話ですね。
きっと今後、「私」には素敵な出会いがあるんだろうな…と、
温かな気分になりました。

星の美しい今の季節にぴったりの物語、
ありがとうございました!

  1. 2010/12/01(水) 20:44:55 |
  2. URL |
  3. 遠野亨聿
  4. [ 編集 ]
こんばんは!
新作待っていました!!!

…絵も文章も、言葉になりません…。

手の届かない世界には夢が沢山あるので、何となくではありますが、素敵な結末が待っていて欲しいです。
最初は悲しいお話かな?と思っていたので…。

春さんの文章、本当に暖かくなります!

Re: 綾瀬 さん

  1. 2010/12/01(水) 23:46:45 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
こんばんは、はじめまして!

イラストでかなり、全体的なレベルが高めに見えるようになっている気はしますが…^^;
(コーラさんにも、このコメント見て頂けているといいなぁ…!)

コメント、ありがとうございました☆

Re: 沖川 英子 さん

  1. 2010/12/01(水) 23:51:30 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
こんばんは、春です!
えと…私も時々、沖川さんのブログにお邪魔しておりました…!
ご挨拶は初めてですね!いらして頂き、ありがとうございます*^^*

> きっと今後、「私」には素敵な出会いがあるんだろうな…と、
> 温かな気分になりました。

そう言って頂けてよかったです*^^*

> 星の美しい今の季節にぴったりの物語、

本当はもっと早くアップする予定だったのですが、
あぁそうか、この時期でも大丈夫でしたね!むしろ今の方が!

ほんと、今の季節は、星が綺麗ですよね*^^*
…でも寒いので、風邪にはお気をつけ下さいね><

コメント、ありがとうございました☆

Re: 遠野亨聿 さん

  1. 2010/12/01(水) 23:56:36 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
こんばんは!!こちらでは、またまたお久しぶりです^^;

> 最初は悲しいお話かな?と思っていたので…。

悲しいか悲しくないか、で言うと、
わりとグレーゾーンかもしれないですね……。笑
テイストが、こう……。爆

いえ、でも、
> 春さんの文章、本当に暖かくなります!
と、感じて頂けて嬉しいです*^^*♪

肌寒い季節ですが(好きですが)、
ほかっとして頂けて、本当に本当に、嬉しいです☆

コメント、ありがとうございました*^▽^*

読んでいて涙が落ちます

  1. 2010/12/07(火) 00:06:22 |
  2. URL |
  3. kiyon
  4. [ 編集 ]
私も。。少し前に祖母を亡くしたので、感情が高ぶって読んでしまいました。
その時はコメントを書くのが辛くて。。でも凄く素敵なお話です。
まるで童話のように・・切なく優しい。

イラストの世界観・・圧倒的で、春さんのお話を読むとその世界観が増して、胸が痛くなる。。
美しい絵です。。

私の大切な人は、どんどん、いなくなります。
辛くて立ち上がれない。
でも、きっと振り返ってばかりいるのもダメだって思いました。

この子の強さを見習いたい。。
私もこんなに強くなりたいです。
勇気が出ました☆とてもいいお話でした♪

Re: kiyonさん

  1. 2010/12/07(火) 15:58:39 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
kiyonさんこんにちは、春です!

> 私も。。少し前に祖母を亡くしたので、感情が高ぶって読んでしまいました。
> その時はコメントを書くのが辛くて。。でも凄く素敵なお話です。
うぅぅ……
無神経な話、にはしていないつもりですが、ちょっと辛いお気持ちにさせてしまいました。
すみません;_;
でも、ステキ、と言っていただけてホッとしました。
なんというか、光栄です。

> 美しい絵です。。
本当に!!

> 私もこんなに強くなりたいです。
> 勇気が出ました☆とてもいいお話でした♪
あ、でも無理は厳禁で。
無理しすぎはダメ・絶対☆ です・v・

kiyonさん、コメントありがとうございました☆☆

  1. 2011/10/19(水) 20:51:17 |
  2. URL |
  3. からすびと
  4. [ 編集 ]
はじめまして! からすびと、と申します。
訪問履歴からぴゃっと飛んでみたのですが、気軽に読めそうな短編小説を開いてみたら……
コ、コーラさんですと(θωθ*)!!?
個人的にコーラさんと、今回の絵の贈り先のsimeさんを応援している私としては飛びつかざるを得ませんでした←
短編のほうも絵にマッチしていて、とても素敵だと思います!

また今度、時間に余裕のある時に他の小説も読ませていただきますね。
では(θωθ)ノシ

はじめまして

  1. 2011/10/21(金) 15:36:26 |
  2. URL |
  3. 秋桜みらい
  4. [ 編集 ]
はじめまして、秋桜みらいと申します!

幻想的な世界観にとても感動しました゚(゚´Д`゚)゚

最後のほうの文章は、ちょっと「君をのせて」を
連想させられました!!


ほかの小説も時間のあるときに読ませていただきます(´∀`*)

Re: からすびとさん

  1. 2011/10/27(木) 09:01:13 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
からすびとさん、はじめまして☆

> コ、コーラさんですと(θωθ*)!!?
コーラさんです!!
そうです、そのコーラさんです!! ←

コーラさんと、simeさん、どちらも素晴らしい作品ばかりですよね……!
なので、書きたい! と思った後、書けるのか?!! と、いろいろぐるぐる考えたのですが、
コーラさんにご相談し、快く了承を頂いてしまいました。。。

コーラさんたちのファンの方に見て頂けちゃうなんて、
緊張の嵐です。。。
あたたかいコメントを頂けて、本当に恐縮です><

コメント、本当にありがとうございました。
またぜひ、のぞきに来て頂けると嬉しいです☆

Re: 秋桜みらいさん

  1. 2011/10/27(木) 09:04:42 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
秋桜みらいさん、こんにちは☆ はじめまして*^^*

> 「君をのせて」
おぁ、そうかも。
でもあんな名曲を連想して頂けて嬉しいです*><*

この話は(も)、絵がすばらしいので、
それでそうとう印象が底上げされている気がしています。
でもありがとうございます・v・!!

更新頻度が非常に落ちているのですが、
ちょろっとした時間で読める感じのものも置いてありますので、
また覗きに来て頂けると嬉しいです。

コメント、ありがとうございました☆☆

はじめまして

  1. 2012/01/15(日) 00:07:40 |
  2. URL |
  3. TOM-F
  4. [ 編集 ]
はじめまして、TOM-Fと申します。

短編をいくつか拝読しました。暖かみのある、優しい文章に感動しました。
イラストも素敵だし、まるで上質な童話を読んだ後のような、幸せな気分になりました。ありがとう。

他の作品も、少しずつ読ませて頂こうと思っています。
これからも、ときどき、遊びに来させて頂きますね。

Re: TOM-F さん

  1. 2012/01/16(月) 09:21:57 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
TOM-Fさん、はじめまして☆
いらしていただいて、ありがとうございます*^^*

> 暖かみのある、優しい文章
と言って頂けて嬉しいです。内容が微妙に暖かくも優しくもないかもしれないかも、みたいなものも多いので^^;
そんな感じにちゃんと書けていたか、とほっとします。

> イラスト
おかげさまで20割増くらいに見えているはずです!!爆

そして、

> 上質な童話を読んだ後のような、幸せな気分になりました
これ、とてもとても嬉しいです。
そんな感じの文章を書きたいな、と思っているのです。

こちらこそ、本当にありがとうございます。
またお時間みつけていらして頂けると嬉しいです☆☆

ありがとうございました*^^*!!

No title

  1. 2012/06/13(水) 11:41:48 |
  2. URL |
  3. 七尾ナオミ
  4. [ 編集 ]
先日は訪問&コメありがといございました~(≧з≦)

しょしょしょ小説を書かれているのですね!!!=3=3
すすすすごぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉい!!!!!ワタシには無理です・・・まず日常会話ですら支離滅裂でうまくしゃべれていないのに、文章になんて書けるはずもない・・・(-д-;)
なので春さんのようなお方は本当に尊敬いたします^^

シリーズもの、すご~~~く気になったのですが最初からじっくり読みたいので、今回は短編を読ませていただきました~♪

イラストを見ずとも、頭の中でいっぱいの☆がキラキラ輝いているイメージで読ませて頂きました♪
その中にある切なさや強さ*+;*+;*;+・・・・すごいですね!!!
文章でこんなに色々感じることができるなんて!!!

素晴らしき春さま♪
マッスルにも便乗していただけてとっても嬉しかったですよぉぉぉぉ!!!www
また、少しずつ読ませていただきますね~(=´▽`=)ノ

Re: 七尾ナオミさん

  1. 2012/06/16(土) 00:03:18 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
七尾ナオミさんこんばんは、春です*^^*

いやぁーーーもう、本当にっ!!
すばらしい筋肉をありがとうございました☆
すばらしいものを拝見して、まさに眼福でした*><*

そして、ご訪問いただきありがとうございます^^
自分は絵がまさに描けない人間でして……
友人らとのゲームとかで、本気で勝ちにいったはずのお題絵などなど
必ず「笑い」か「??!」という驚きかをとって来てくれるという
……逆においしくはあるのですが
ともかくそんなんなので……私こそ、絵を描いている方々は尊敬なのです。

このお話も、尊敬する方のご了承でお世話になりました。

> シリーズもの
一気読みしなくても大丈夫な感じにはなっているのですが、
ともかく、長いので……
お時間作れた時に、のぞいてくださると嬉しいです*^^*照

ブロともさんが絵を付けて下さったものがたくさんあるのですが、
(作品一覧の下の方にコーナーがあります)
絵は、本当に一見の価値がありますので、
そちらはぜひ、絵だけでも、ぜひ見て頂けるといいなと思います!!

ご訪問ありがとうございました☆
今後とも、どうぞどうぞよろしくおねがいします*^^*

 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。