旅の空でいつか

ご訪問いただき、ありがとうございます
はじめましての方は、メニューの「はじめに。」や「作品一覧。」をご覧ください。
記事内容の無断転載は厳禁ですが、リンク&URLの転載はフリーです。ご一報いただけると嬉しいです☆
ブロとも申請は歓迎です☆
みなさま、どうぞ楽しんでいって下さいね*^^*

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《梅雨空とビール》

  1. 2010/06/08(火) 13:03:30|
  2. ふらっと。(ごく短い読み切りたち)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
ふらっと。

昨日、ツイッタさんでは
妙~~~に
「なんか今日ダメダメだった」
「ナニこの鬱な感じオレ今日なぜか無理だわwww」
的なつぶやきが多かったのですが。

例に漏れず、なぜか、私も^^;笑
梅雨っぽい感じだからか??

まぁ、そういう時って、あります……よね。うん。


負けねーぞ!!
と、いう気持ちを込めてますが、テンポはグダグダめです。


それでは《続きを読む》から、よろしくです☆



***************



《突然ですが、今夜飲みに行きませんか。
 ビール一杯、おごりますよ☆》

敬語なんて普段、使うこともない。
けれど高校からの友人である彼女との飲みは、
いつも、こんな感じのメール1本で決定する。

私の仕事終わりの時間を返信すると、こっちの駅まで来てくれると言う。
彼女の家は逆方向だから、
これは何かあったな、と思う。

たぶん彼氏がどうとか、
仕事がどうとか、そんな話なのだろう。


申し訳ないと思いつつ、少しだけ、面倒な気持ちにもなる。

梅雨が近づいたせいか、なんだかジメジメした日が増えて来たけど、
夏が近づいて来たことも、確かで。
(ビール飲みたいな。)
そんな風にも思うから、《了解》と一言だけ、返す。

夏なんか近づいてなくても、
元々ビール好きの私が“一杯おごる”なんて言われて、
そもそも断る訳がないのだけど。

その辺のことも十分にわかってるあたり、
この子のこの誘い方は、確信犯だ。

望むところだ。


******


「もうさ、わたし、仕事辞めたい。」

まぁまずくはないお通しに箸を向けながら、
さっき乾杯と一緒に一息に飲み干したビールを置くなり、彼女は言った。

彼氏か、仕事か。
後者だったか。

高校のときから、
選ぶ選択肢は堅実な割に、実際はけっこう行動的な野望も抱えている目の前の友人は、
大学を卒業しても、
就職して数年が経っても、
やはり、その性格は変わっていないらしい。

彼女は今、
おそらく他人が聞いたらうらやむような立地にある、
おそらく他人が聞いたらうらやむような安定感のある、
おそらく他人が聞いたらうらやむような残業の少ない、
おそらく他人が聞いたらうらやむようなボーナスと給料が出るような、
そんな事務所で働いている。

今年就職できなかった新卒生が聞いたら、
たぶん、はったおされるような、愚痴だ。

けれどだからと言って、
彼女の持ってる悩みが「贅沢だ」とか「小さい悩みだガマンしろ」だとか
そんな事を言うつもりもない。

他人から見てそうであっても、
本人にとっては、一大事だったりもする。
それくらいのことは、私にだってわかってる。

お互い、集合前にコンビニのホットスナックを腹に入れて来ている私たちは、
居酒屋ではたいてい、アルコールとお通しと、
あとは頼んでも、漬け物やキュウリくらいのものだ。
それらをつまみながら私たちは、
ただ、ビールを進めて行く。

ペースは早くはないれど、
お酒に強くはない私たちは、ビールでもちゃんと、酔えるのだ。


「やっぱさ、やりたいことがあるんだよね。」
小皿に盛られたお通しを突っつきながら、彼女は言った。


聞いてみれば、
大学に進学するときからずっと言っていた内容で、
それは、全然違った堅実な学部に進みながらも言っていたことで、
何か関連することがニュースになるごとに言っていたことだ。
つまり、一貫している。

「じゃあもうさ、辞めちゃいなよ」

私がさっくりそう言えば、
だよねー、と小さく言いながら、彼女はビールをあおる。


それからまた、話は彼女の仕事の愚痴になって、
私は私で「辞めちゃえ辞めちゃえ!」と彼女の退職欲をあおってみたりして、
それで、解散。

彼女が何か決断したわけでもないし、
私が彼女の悩みを吹っ飛ばしたわけでもない。

でも、お互いに少し酔っぱらった頭で歩く駅までの道は、
たしかに少し、気持ちがいい。

同じ地下鉄のホームを歩いて、
彼女の電車が先に到着して、私たちは別れた。


******


数日後、彼女からまた、メールが入った。

《今年度いっぱいで、仕事辞めるわ!》

短いメールだけど、
私は少しだけ、爽快な気分になる。

堅実な道を進んで行く彼女は、
堅実に、堅実に、
けれど時々こうして、ポンと飛ぶ。

好奇心旺盛と言えば聞こえはいいけれど、
興味も関心も散漫で、
行動力があると言えばやっぱり聞こえはいいけれど、
一カ所になかなか定着することのできない私。

正反対にも見える私たちが、こうして、
気づけばもう10年以上も“友だち”を続けていられるのは、
きっと彼女が、こういう性格だから。

《おめでとう》

そう返信しようとして、
けれど思いとどまって、クリアボタンを長押しする。
全文削除。
そして私は打ち直す。

《あのさ、突然だけど、今夜また飲み行かない?》

送信完了画面を確認して、
私は携帯をバッグに戻した。



***************



《あのさ、突然だけど、今夜また飲み行かない?》

仕事を辞めることにした。
そう送ったわたしのメールへの、その返信。
内容はつながっていないけれど、レスのスピードだけは早かった。

《了解》

これは何かあるんじゃないか。
何となくそんな気がして、わたしもスピーディーなレスを返してやる。
ついでにまた、
彼女の職場近くまで飲みに行ってやることにする。

わざわざよく来たね、と彼女は言ってくれるだろうけれど
実際は、
わたしの職場近くじゃ一杯飲むにも高くつきすぎるし、
彼女の職場近くの、安いチェーンの居酒屋の方が、わたしの好みにもあっているという、
それだけの話だ。

東京はまだ、梅雨入りしていない。
けれどこの数日はぐずついた天気が続いていて、
今日だって、今にも雨が降りそうだ。

どうしようかな、と思うけれど、
自称ハレオンナ、実際そこそこのハレオンナな彼女との飲みであれば、
事務所の置き傘を持って行くまでもないかな、と考える。

辞めることを決めてみれば、愛おしさは増したけれど
やっぱりますます意義を見いだせない仕事のたまったパソコンの前で、
わたしはそんなことをツラツラと思う。

午後は始まったばかり。
終業まであと、4時間もある。
晴れた夏の夜なんかより、
こんなグズグズな天気の時の方が、ビールは美味しいと思う。
(……早く仕事の時間終わんないかな。)
こっそり時計の針を進めてやりたい気分だ。


******


先日私が呼び出した時と同じ店で、
同じお通しをつつきながら、
同じようにビールをあおる。
違うのは、
乾杯後の彼女の飲みっぷりがいいことと、
彼女の口が少し、重いことだ。

他愛のない話が続く。
天気の話だとか、
懐かしい同級生の話だとか、
彼女にしてはめずらしく長く続いている彼氏とのノロケだとか。

まるで、“特になんの用事もないんだけどね”みたいな素振りだ。

だから、確信する。
これは何かあるな。

わたしはそう思うけれど、
また引き続き、本当に本当にくだらない話をして、ゲラゲラ笑って、
そうしてからやっと、
ふいに、彼女が言った。

「つか、私もさ、今の仕事そんな長く続けらんない気がするんだよね」

私も、の“も”は、
わたしが年度内に仕事を辞めるから、だ。

「何、なんかあった?」

なんかあったに決まっているのがわかっていて、
何もないにしても、何か思うところがあるに決まっているのもわかっていて、
さりげなく、聞いてみる。

彼女はたいてい、強気だ。
負けず嫌いだし、
普通は言いにくいようなことでも、スパっと言ってくれたりする。

だから彼女は「思った事をすぐに口にするヤツ」と思われているし、
彼女自身もよく「言わなきゃ伝わんないじゃん!」なんて言ってるのだけれど、
実際の彼女はもっと、繊細だ。と、わたしは思っている。

彼女はたしかに、ちゃんと、言葉を口にするタイプの人間だ。
けれど実際は、たぶん、
口にしているのは、彼女が思っていることの10分の1もないのだろうと思う。

それが証拠に彼女は、
怒りはしても、他人に対する愚痴や、他人の悪口といったものを
一切、口にしない。
突飛すぎる、行動力がありすぎる、と言われがちな彼女が
けれどそれぞれの場所でそこそこに成果を出しているのは、
その行動を起こす前に、
それなりにちゃんと、考えているからだ。

彼女の職場近くまで飲みに行くわたしに
いつも「いやー、ありがとありがと!」と、ざっくりと言う彼女は、
ざっくりしているどころか、
案外、気を使う子なのだ。

職場の仲間と、上手くいっていないらしい。
笑いながら話しているけれど、
あまり元気がないから、その笑顔は不自然だ。

たぶん彼女自身は、
そんなことにも、気づいていないのだろうけれど。

私も仕事辞めちゃおっかな。
彼女は、そうも言う。

「辞めちゃえ、辞めちゃえ」

先日の彼女のマネをして、わたしは言う。
本当に、もう辞めてしまえばいい。

私なんかより、よっぽど行動力のある彼女だけれど、
彼女の場合、
他人に思われてるほど、彼女自身が言うほど“何も考えてない”から身軽だ、
という訳ではないのだ。

彼女は、繊細だ。
どんな理由があったにせよ、辞めたり離れたりした場所に対して彼女は
罪悪感のようなものを持っているし、気にもしている。
不必要なくらいにそんな気持ちを抱えつつ、
それでも彼女は、動くのだ。

それに「先の事なんかちゃんと考えてないや」と言う彼女が、
実際にはそれなりに考えていて、
ただ、確信が持てていないだけなのだということを、私は知っている。
たくさんの選択肢の中で
安パイよりも“本当に必要なこと”の優先順位を上げてしまう彼女の将来なんて、
残念ながら確かに、何の保証もできない。

安パイなんて本当は、人生の中に存在していない。
それくらいのことは、わたしだってもうわかっているけれど、
それにしても彼女の選択はいつも、不安要素にあふれている。

だからわたしは、あっさり言う。

「辞めちゃえ、辞めちゃえ」

あっさりしている、と言われている彼女が、
本当は全然、あっさりなんかしていないと、知っているから。

せめてわたしくらいは、
あっさり言ってやってもいいと思う。

苦笑して彼女は、また、ビールをあおった。
そしてそのまま、飲み干した。

いくねぇ~。
笑って言いながらわたしは、
彼女の意思も聞かずに、店員を呼ぶボタンを押す。

明日も仕事だけど、
今日はまだまだ、飲んで行こう。


それからまた、話は
くだらない、取り立てて言うほどのこともないものになって、
くだらないことで大笑いして、
それで、解散。

彼女の悩みが吹っ切れたわけではないし、
わたしが何か、彼女に解決策をアドバイスできたわけでもない。

でも、お互いに少し酔っぱらった頭で歩く駅までの道は、
たしかに少し、気持ちがいいのだ。

同じ地下鉄のホームを歩いて、
わたしの電車が先に到着して、それでわたしたちは別れた。


******


数日後、彼女からまた、メールが入った。

《もうちょっとがんばってみるわぁ》

短いメールだけど、
私は少しだけ、頼もしい気持ちになる。

突拍子もない、と言われるような道を進んで行く彼女は、
実際はそれなりには堅実で、
そして時々こうして、ふんばる姿を見せてくれる。
無理すんなよ、と思うけれど、
少しだけそんな彼女を、わたしは尊敬していたりもするのだ。

地道で着実、と言えば聞こえはいいけれど、
リスクをとることが怖いだけで、
マジメに考えている、と言えば聞こえはいいけれど、
実際は、いろいろ考えたくないから、一カ所に留まっている、わたし。

正反対にも見えるわたしたちが、こうして、
気づけばもう10年以上も“友だち”を続けていられるのは、
きっと彼女が、こういう性格だからだ。

《ま、お互いがんばりましょう!
 また飲みに行こうねー☆》

彼女のメールは、そこで終わっていた。
私たちのメールは、いつも、短い。
それでいいのだ。

時計に目をやれば、壁にかかったソレの針は、
時間がまだ、お昼にもなっていないことを示している。

けれどまぁ、今日くらいは、
時計を気にするのを自重して、少し、仕事をがんばってみてもいいかな、と思う。

《うん、また飲み行きましょう!
 今度は、夏になったら。ビアガーデンで決まりでしょ♪》

無事に送信完了したという画面を確認して、
わたしは携帯をバッグに戻した。


スポンサーサイト

<<《ただいまバイバイ》 | BLOG TOP | 監視人 /りんごのくず湯 & シナモンの焼きりんご>>

comment

  1. 2010/06/08(火) 19:11:38 |
  2. URL |
  3. ゆさ
  4. [ 編集 ]
ほろりとくるお話ですねvvv
わたしは体質上、お酒が飲めないのですが(そもそも苦手ですが)、
こんなにビールが美味しそうと思ったお話は初めてかもしれません(*^ ^*)。

どちらの立場も色々と考えてしまいますね。
この先に確信が持てないので、もやもやと。
そんな友達に無責任なこともおいそれと言えないので、もやもやと。
あーものすごくよくわかるー!そして身にしみる!!(>□<)シ

ちなみにわたしも、相談があるときやストレスが溜まったときは
友達とごはん食べながら愚痴大会です(笑)。

  1. 2010/06/08(火) 21:20:44 |
  2. URL |
  3. 84g
  4. [ 編集 ]
始めまして。
ブログの物書きコミュニュティから来ました。

自分は未成年で、酒に良いイメージもないタイプだったんですが、
こういう酒の飲み方だったらしてみたいな、と思わせて頂きました。
ありがとうございました。

  1. 2010/06/08(火) 22:34:13 |
  2. URL |
  3. tama
  4. [ 編集 ]
ああ~いいっ
二人のサバサバしていて、でも根っこの深いところではちゃんとつながっている!
そんな関係がいいです。
そしてビールを楽しく美味しく飲んでいるとこもっ
二人が抱えている悩み、葛藤に共感しつつ、
私も誰かとビールが飲みたいなー、と思いました。
そろそろビアガーデンの季節ですしね。

良いお話をありがとうございました☆

Re: ゆささん

  1. 2010/06/08(火) 23:09:58 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
こんばんは~*^^*
そうか、ゆささんはお酒が苦手な体質なのですね> <
私は、弱いくせに
お酒とお酒にあう食べ物が大好きですっ!!笑
そしてそして、
友だちとのご飯は、貴重ですよね~っ♪

コメント、ありがとうございました☆☆

Re: 84g さま

  1. 2010/06/08(火) 23:12:36 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
こんばんは、はじめまして*^^*
お酒は、飲み方や飲む相手によって、すごく、味が変わってくる。
……と、思っています。
いつか美味しいお酒を飲めるようになったらきっと、
夕食やBBQの楽しさが増えますよ☆
(と、酒好きなコメントですみません……)
コメント、ありがとうございました*^▽^*

Re: tamaさん

  1. 2010/06/08(火) 23:30:36 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
tamaさん、こんばんは*^^*

> ああ~いいっ
> 二人のサバサバしていて、でも根っこの深いところではちゃんとつながっている!
> そんな関係がいいです。

ありがとうございます☆
実は、メッセージなどでは「両想いなすれ違い」的内容も頂いていて、
むしろ全然違った内容のものも頂いていて、
なんだか、めずらしいくらいに評価(感想)が割れていて。

読んでいただいた人によって、違った風に見える……のだろうか??
なんてことを、考えていました^^

tamaさんのコメント嬉しいですー☆

そして、そうです、ビアガーデンの季節です*^^*
餃子・焼きそば・たこ焼き・枝豆・味噌きゅうり・なすの冷製の煮浸しなどなど……。
ビールが恋しいですっ☆☆

コメント、ありがとうございました*^▽^*

  1. 2010/06/09(水) 01:57:19 |
  2. URL |
  3. 遠野秀一
  4. [ 編集 ]
こんばんは、遠野です。

あぁ~……、自分、ツイッターで鬱な感じ出してましたね。
でも、実はただの前振りだったいう酷い真相が……w

まぁ、それはさておき。
こんな話を聞くと、早まるなー、と叫びたくなる
そんな25歳の主張。

自主退社は失業保険が3ヶ月間出ませんし、
退職金(出るなら)の額も減ります。
……そして、このご時世に、とか言われます……。

素直に感想が言えないです……。

Re: 遠野秀一さま

  1. 2010/06/09(水) 07:35:04 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
おはようございます☆

とりあえず、
> 自主退社は失業保険が3ヶ月間出ませんし、
> 退職金(出るなら)の額も減ります。
……は、知ってます^^;経験者です☆
これ知らないで辞めるのと知ってて辞めるのだと、違いますよねぇ^^

> ……そして、このご時世に、とか言われます……。
そうですよね> <。
なんと言うか、頑張って欲しいです……!

コメント、ありがとうございました☆☆

  1. 2010/06/10(木) 05:22:11 |
  2. URL |
  3. よしたけりんか
  4. [ 編集 ]
びっくりした~~~
最初私のことかとおもいました~~←
・・・てくらい私の境遇と似てました~(汗)

や、もちろんまだ学生ですが。

でも、何か他のもののために辞めたいなっておもってるときって、
『もったいないよ~』って止めてくれる友達より、
『辞めちゃえ辞めちゃえ』って簡単に言ってくれる友達の方が嬉しかったりしますよね~(しみじみ)

すてきなお話ありがとうございました☆

Re: りんかちゃん

  1. 2010/06/10(木) 09:09:31 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
おはようございまぁす☆

> 最初私のことかとおもいました~~←
あららっ!バレた!(!?)

> 『辞めちゃえ辞めちゃえ』って簡単に言ってくれる友達の方が嬉しかったりしますよね~
します。笑
辞めようかなって思った時って、感情的には“辞めたい”がもう生まれてますしね^^;
その気持ちとつき合いつつ、もしくは覆しつつ続けるか、
良くも悪くも辞めるか、は、
まぁ、自分次第ですが^^;

コメント、ありがとうございました☆

  1. 2010/09/03(金) 21:24:54 |
  2. URL |
  3. gaker
  4. [ 編集 ]
こういう友人関係はいいですね~

私にも時々あって食事する友達がいるので大事にしようと思います。

Re: gaker さん

  1. 2010/09/04(土) 01:15:42 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
コメントありがとうございます☆

それにしても私、これ書いていたとき、
どんだけビール飲みたかったんでしょうね。笑
つき合ってくれる友人・誘ってくれる友人は、本当に宝物です!!

ところで、gakerさんの書評、本当におもしろいですよね!!
私、最近
http://www.honzuki.jp/user/homepage/no1318/index.html

こんなの書きはじめたのですが、書評って本当に難しいです。
gaker さんスゴイ!!!!
『小暮写眞館』読みたい読みたいってずっと思っていたのですが、
またまた読みたくなりました……!!

コメント、ありがとうございました☆☆

 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。