旅の空でいつか

ご訪問いただき、ありがとうございます
はじめましての方は、メニューの「はじめに。」や「作品一覧。」をご覧ください。
記事内容の無断転載は厳禁ですが、リンク&URLの転載はフリーです。ご一報いただけると嬉しいです☆
ブロとも申請は歓迎です☆
みなさま、どうぞ楽しんでいって下さいね*^^*

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

after『Z』, that's all.  ★絵祭り作品掲載★

  1. 2010/05/21(金) 00:22:13|
  2. ★完結★ 『アルファベットの旅人』シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
←『after『Z』,……』《1》はコチラです。
←『after『Z』,……』《2》はコチラです。
※作品一覧はコチラです


tree_after_bytounosan
空が青くて、あたたかい風が吹いている。
日差しが明るい。
そうだ、
春はそうだ、たしかに、こんな季節だった。

(「Touno's soliloquy painting」の遠野さまより、『tree_after』)

本編は《続きを読む》からスタートです!


***************



春になった。

“あいつ”がこの街に来て、おれの知らないうちに去って行って。
それから、“あいつ”がおれにナニをして行ったのかを知って、それから。

もう、そろそろいいんじゃないか。
__それは、ずっと、思っていたことだった。

年を越して、
冬の間、いろいろと考えていたのだけれど。

春が来た。

だからもう、
そろそろ、いいんじゃないか……。



***************



出発の朝、
またおれは、あの場所に来ていた。
雪の降り積もる冬の間は、
しばらく、訪れていなかったこの場所。

エレンが、
ずっとずっと育ててくれていた、
あの、1本の木。
その場所。


この街を出る。
そう告げたおれが、最後にこの場所を訪れるのに、
丁寧にも、律儀にも、
あいつらも一緒についてきた。


“あいつ”から鍵を渡されて、
それから、再びおれは、この場所に来ることができるようになった。

そうして最初にこの場所に来たとき、
その、大きな変化に
おれは随分、驚いたのだけれど。

そのとき、エレンは言っていた。
春になったらこの場所は、
もっと、もっと、すごいのだと。


本当だな。

本当に、そう思う。


だって、春だ。

あんなになにもなかった、
なにも生まれないようだったこの場所に、
ちゃんと、春が来た。


「金を返しに、行ってくる。」

アランとエレンには、そう、伝えた。

自分でもわかっている。
これはただの、言い訳だ。

でも、そんな言い訳のキッカケすらをも与えてくれた“あいつ”に、
おれは、感謝もしているんだ。

金を返す。
そんな名目でもなければおれは、
たぶん、
この街をこんな風に出ようとは、思えなかった。


本当に“あいつ”に会いに行くのか、
おれが本当に、会いに行けるのか。

それはわからない。
でもいつか、そのうち……と思えるくらいには、
そのことを考えているのもまた、事実だった。


でも、そうだ。
この名目がなければきっと、
また“あいつ”に会いに行くなんてこと、
考える勇気すら、なかっただろう。

そう考えれば、“あいつ”はすごい。
なんの名目もなく、言い訳もなく、
ただ、おれに会いに来たと、
そう、言ったのだから。


……9年間。

“あいつ”はおれのことを、覚えていたのか。
時には、考えたりもしていたのか。


この冬の間、
いくつか離れた街にある「図書館」で、
いろいろと調べた。

大屋敷では、爺がやとった家庭教師からでは、
教わらなかった、いろいろなこと。

爺から話にだけは聞いていた、9年前のこと。

おれがいたのは、どんな場所だったのか。
どうしておれは、売られたのか。買われたのか。

買いたいやつがいて、売るやつがいて、
おれがいた。

……わかったのは、
たぶん、それだけだったのだろう、ということだけだ。

つまり結局は、
なにも、わからなかった。


それから、
おれや爺と、同じ髪や瞳の色をもつ一族のこと。

これもけっきょく、わからないことだらけだった。

わからないことだらけだ。
たくさんの知識や情報は手に入れたけれど、
けれどやっぱり、
わからないことだらけだ。

きっとこれからも、わからない。
……少なくとも、ここにいたままでは。


“あいつ”はそういえば、
おれや爺と同じ特徴を持つ人間に会ったと、言っていた。

その人物と、会ってみたい。
ほんの少し、興味がわいた。

そう、興味がわいた。

おれはどうして、売られたのか。買われたのか。

どうして。
どうして?

その答えが本当に出るのかどうかは、わからない。

わからないけれど、
でも、それを放っておいては、
ここでこのまま、それを知ろうともしないままでは、
たぶんおれは、
もう、どうにもできない気がする。
何も、できない気がする。
……そんな気がするのだ。

どうにかこうにか、
そう、思えるようになった。


ケリをつけなければいけない。

どうにかして。
何を、どうしても。

おれにはそれが、必要なんだ。


“あいつ”は、
本当はおれのことを、どう思っていたんだろう。

確信ではない。
でも、
“あいつ”ももしかしたら、同じだったんじゃないか、と思う。

“あの場所”で覚えていたおれのことを、
知ることで、ケリをつける。
“あいつ”の中の何かに、ケリをつける。

そのために、おれが必要だったんじゃないだろうか。

もし“あいつ”が、
あのわずかな数日間だけで、
おれに会って、そうしてそれができたんなら、それでいい。

別に、そうじゃなくてもいい。
わからないけれど、
でも、“あいつ”には“あいつ”なりに、
だって、いろいろ、あったのだろうから。


……あぁでも、
“あいつ”は見ていたな。

よくわからないけれど、
たぶん、2回目に会った時おそらく、“あいつ”の目は見えていなかったはずだけれど、
でも、“あいつ”は見ていた、と思う。
おれのことを。

爺の飾りであるだとか、
街の中での立場がどうだとか、
見た目がどうだとか、そういうんじゃなくて。

だからきっと、
“あいつ”はおれに、あの名前を残したんだ。

記号じゃない。
名前だ。

“あいつ”にとっておれは、そんなイメージだったのだろう。

“あいつ”は見ていた。
おれのことを、9年間も。

その執念には、
やっぱり、少し、キモチワルいと感じてしまうけれど、
でもあの名前は、心地いい。

綺麗な名前だと思う。

そう、
ずいぶんと綺麗な名前だ。

でも、だからこそ、
渡されたその名前を、おれはまだどうしても、受け入れられない。


そんな綺麗な名前が似合うような、
だっておれは、そんな人間じゃない。

だって、
あの名前に見合うようなものを、おれはなにひとつ、持っていないんだ。

金も、家も、
あいつみたいな知識も、技術も、
「何かをしたい」と思う、強い感情も。


だけど。

いや、
だから。

記号でいいのだ。
今は。

そんな日が来るかはわからないけれど、
……でももし、
いつかもし、おれがなにかを手に入れることができたら。

少しでも、たったひとつでも、できたら。
そうしたら、
そのときは、会いに行けばいいんだ。


大丈夫。
名目ならもう、持っている。

あの名前はそれまで、
まだもう少し、とっておくことにする。

それでいいんだ。



***************



「いってらっしゃい!」

木の元から離れて、鞄を持ち直したおれに
笑顔で、エレンが言った。
何も言わないけれど、アランはおれを、心配そうに見ている。

「じゃあな」

だからおれは一言、
2人に向けて、そう答える。

「またね、だよ。」

エレンが言った。
言って、ぶんぶんと手を振っている。
いつもと同じ、笑顔だ。


エレンは、変わらない。

もう何年も前に、
2人で、小さな秘密の約束をした日のことを思い出す。

変わらない。

……あぁ、でも今日は、
おれはこんなに、何も持っていない。


何にも持ってないんだ。
肩にかけた、小さな鞄の他には、何も。

あの日とは違う。

身軽でいい。
これくらいが、今のおれには、丁度いい。


そうか、
鎖がなくなるっていうのは、こういうことなのか?

わからない。
でも、わるくないな。


そう思ったから、
だからおれは答える。


「あぁ、またな。」


……今日は、天気がいい。

空が青くて、あたたかい風が吹いている。
日差しが明るい。

そうだ、
春はそうだ、たしかに、こんな季節だった。


少しだけ気分がよくなって、
だからおれも2人に、
少しだけ高く、手をあげて言う。


またいつか。

また、いつか。



(to be continued…)



……“that's all.”なんてタイトルなのに(to be continued…)なのですよ・v・;

tree_after_bytounosan
※↑の『tree_after』を書いて下さった遠野さまのブログはコチラから!
←『after『Z』,……』《1》はコチラです。
←『after『Z』,……』《2》はコチラです。
※作品一覧はコチラです


スポンサーサイト

<<完全に書くタイミング間違ってるけど、書いてみる。 | BLOG TOP | after『Z』,……《2》  ★絵祭り作品掲載★>>

comment

  1. 2010/05/21(金) 12:30:04 |
  2. URL |
  3. よしたけりんか
  4. [ 編集 ]
『A』視点のお話て前にもありましたっけ?
なんか珍しい気が・・・

『A』にはまだわからないことがたくさんあるけど、これからの旅でたくさんの世界を見て学んでいって欲しいなっておもいます!
ミーナさんにも会って欲しいっ!
てか2人のやりとりが見たいですっ(≧∀≦)←

まだザッツオールじゃなくてよかった(*´∀`*)

  1. 2010/05/21(金) 22:59:04 |
  2. URL |
  3. tama
  4. [ 編集 ]
こんばんはー☆

前回と今回と、同じ時系列の話もエレン視点とA視点でまったく違うお話になるのですね。
ちょっとづつ解れていくAの心に暖かい気持ちになりました!

that's allなので最終回!?アワワとなりましたがまだ最後じゃなくて良かったです。
ラストが気になりつつも、まだまだAやアランやエレンと一緒にいたいのでv

  1. 2010/05/21(金) 23:11:20 |
  2. URL |
  3. びたみん
  4. [ 編集 ]
せ・・・・切な・・・っアランやエレンとA君が離れてしまうのが切ないーーーーっっ

もちろん「またね」ですよ!!また会いますよ!!(私はいったい誰になったつもりだ)

すみません。なんかこう・・このお話好きすぎて一瞬自分がお話に入った気になりました(←うわー)

木と一緒にみんなが成長して、いろいろ考えて、お互いを理解して行く様子がもうなんともいえず好きです。

この世界観大好きですーーっっ

『A』がんばれー。

  1. 2010/05/22(土) 00:14:56 |
  2. URL |
  3. ゆさ
  4. [ 編集 ]
読み進めるごとにどんどん引き込まれていきます…。
今回も「『A』がんばれ、がんばれ…」と両手を握りしめながら読んでしまいました。。ハァ~(-▽-)=3
お陰でちょっと深呼吸しましたが、不思議と心地よいのです☆
春さんの文章の力って偉大ですネ。

『A』がだんだん『Z』のことを考えられるようになってきたのが
何だかとても嬉しいです。。
アランたちとはお別れなのですね…切ないやら仕方ないやら。
あと少しで終わりだなんて本当にさみしいですー!
でも最後まで読みます…(^^)。

Re: タイトルなし

  1. 2010/05/22(土) 22:28:45 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
> りんかちゃん

おぉっ、嬉しいコメント、ありがとうございます。
そうなんです。『A』視点、今まで一度も、出していませんでした。
今回、最初で最後の『A』視点です*^^*

> まだザッツオールじゃなくてよかった(*´∀`*)

この後に書く話は、私の脳内には最初っからあったのですが、
実は書き始めた当初、掲載は今回の話までの予定でした^^;
なので、こんなタイトルに^^;
と、ちょっと裏話的なこと暴露してみました。笑

コメント、ありがとうございました☆☆

Re: タイトルなし

  1. 2010/05/22(土) 22:33:28 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
> tamaさま

こんばんはー*^^*
コメントありがとうございますっ!!!!

> 前回と今回と、同じ時系列の話もエレン視点とA視点でまったく違うお話になるのですね。

そうなのです。
自分で書いていて、書き終わって読み直してみて、
私もちょっと、思いました。笑
不思議……!(爆)

> that's allなので最終回!?アワワとなりましたがまだ最後じゃなくて良かったです。

イッコ前のコメレスにも今書いたのですが、
続きは私の脳内にあるだけで、本当は、ブログに載せるのはここまでの予定だったのです(再爆)
「予定は未定」って、本当ですね……。

> ラストが気になりつつも、まだまだAやアランやエレンと一緒にいたいのでv

と、言って頂けると、本当に嬉しいです!!!!
ラスト近づいて来て、最近あらためてコメント読みながら
ふつふつと感動している日々です。
こんなにコメントもらえていることに、
毎日泣きそうになります。
ビビりつつでしたが、ブログ作ってみてよかったです;_;

コメントありがとうございました!!

Re: タイトルなし

  1. 2010/05/22(土) 22:40:14 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
> びたみんさん

コメントありがとうございますー!!
入った気になりましたか。なりましたか。
なんでそんな、すばらしく嬉しいコメントを書いてくれちゃうんですかびたみんさんは!!!!
それすごく嬉しい!!!!
もう、どうぞどうぞ、ガツガツ入っていらして下さい!!
私も一緒に……!!

> 木と一緒にみんなが成長して、いろいろ考えて、お互いを理解して行く様子がもうなんともいえず好きです。

そうなんです。あの、木。
一緒なんです。
全っ然書いてないけど、もういっこ、一緒にポイントがあります。
そしてこっちも全っ然書いてないけど、本当に「みんなと一緒に」なんです。『A』とアランとエレンだけじゃなくて。
いつか書きます。誰もが忘れた頃に……。

木に入れ込みすぎている私の思い入れを見透かして頂いたようで、
とてもとても、嬉しいです!!

コメント、ありがとうございました☆☆

Re: 『A』がんばれー。

  1. 2010/05/22(土) 22:49:25 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
> ゆささん

コメントありがとうございます!

> 今回も「『A』がんばれ、がんばれ…」と両手を握りしめながら読んでしまいました。。ハァ~(-▽-)=3

うわぁぁぁありがとうございます;_;
私、このゆささんのコメント見て泣きそうになりました。
こんな素人の文章なのに、誰かがどこかで読んでくれているって、
本当に奇跡的だなぁと思って……しかもこんな嬉しいコメント!!!!

> でも最後まで読みます…(^^)。

ありがとうございます> <。
本当は今回の話で、(脳内にはあったけど)掲載する『アルファベットの旅人』は
終了予定でした。
次に掲載する《1》《2》で、終了です。
なんかもう、、、掲載が、とても緊張なのです。

私も、気合い入れます。
コメント、ありがとうございました!!

  1. 2010/06/11(金) 01:13:53 |
  2. URL |
  3. 遠野秀一
  4. [ 編集 ]
こんばんは、遠野です。
A、キモチワルいとか言っちゃ駄目w
でも、Aが旅立ちましたね。

一つの旅が終わり、また新しい旅が始まる。

さて、あの気になる記述は……
……私の思い過ごしで済んだのでしょうか。

それと、庭がいい味を出していますよね。
庭ももちろん変わったのでしょうが(エレン万歳w)、
それを素直に受け止められたのは
Aの心が変わったのが
一番の要因だったのではないでしょうか。

Re: 遠野秀一さま

  1. 2010/06/11(金) 09:49:33 |
  2. URL |
  3. 花舞小枝の春
  4. [ 編集 ]
おはようございます、春です*^^*

> 一つの旅が終わり、また新しい旅が始まる。
です!
が、次回は最終話という^^;

> さて、あの気になる記述は……
私も、どの部分のどの記述に関してどうお考えになっているのかが気になっています。
遠野秀一さん、もったいぶりすぎ!!
遠野秀一さんがメッセ送ってくれるの、待たせてください(爆)
もしくはもう焦らす感じのコメント書くのやめてください!!www

> (エレン万歳w)

単独で取り上げてすみません☆でも万歳です☆笑

> それを素直に受け止められたのは
> Aの心が変わったのが
> 一番の要因だったのではないでしょうか。
ですね!!この部分に関しては間違いないです。

それまでは、庭が先か『A』が先か的な部分もあったのですが。笑

コメント、本当にありがとうございます☆☆

 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。